はっとりみつる / さんかれあ (2)

はっとりみつる / さんかれあ (1) - hybrid issue(s) つづき。ラブコメというジャンルでは、紆余曲折の果てに主人公とヒロインが結ばれることで物語がゴールを迎えるという展開がオーソドックスな形式だといえるかもしれない。その場合、「恋愛の進展を阻む…

初音ミクとついったん、「生みだす力」を持つキャラクター

1.はじめに 以下は、夏コミに続いて12/5の文学フリマで頒布される『アイドル領域vol.2』に掲載されているぼくの初音ミク論『複製技術時代のアイドル消費』とも関連する考察だ。来春、『アイドル領域vol.3』に寄稿する予定の「初音ミクの自己言及性」に関する…

『最前線』プレオープン前夜祭

本日開催された星海社の『最前線』プレオープンのイベントに参加してきた。理由は『最前線』における作品の無償公開、DRMフリーといった試みに興味を持ったから。前半は太田克史編集長によるウェブサイト『最前線』のプレゼンテーション、後半は『最前線』の…

はっとりみつる / さんかれあ (1)

大雑把なあらすじはこうだ。ゾンビ大好きな高校生・降谷千紘は、名門女子校に通う良家の子女・散華礼弥(さんか・れあ)と偶然出会い、彼女とともに死んだ生物を蘇らせる「秘薬」を生成する。しかし、父親の異常な束縛と偏愛に絶望した礼弥は、いまの生活から…

木崎伸也 / 世界は日本サッカーをどう報じたか

footballistaのライターとしてもお馴染みの著者による新書。FIFAワールドカップ南アフリカ大会で日本代表が戦った4試合を各国のメディアがどう報道したのか、それを試合内容および試合結果と照らし合わせて分析し、日本が「次」へ進むための道を探る。参照さ…

『アイドル領域』に初音ミク論を寄稿(C78、8/15、東地区P-55b)

告知です。C78の3日目(8/15)に頒布されるムスメラウンジ(東地区P-55b)のアイドル評論同人誌『アイドル領域Vol.2』にゲスト参加しました。タイトルは『複製技術時代のアイドル消費』。およそ18,000字ちょっとのアイドル/初音ミク論です。 そもそもぼくはアイ…

Autechre @ Differ Ariake

都合により日付が変わる直前、雨にぬれながらディファ有明に到着。ビール片手にフロアに入る。まずはClaude YoungのDJ。ビートの効いたトラックからメロディックなウワモノが印象的なトラックまで横断的に織り交ぜつつ、派手なイコライジングとフェーダー操…

Flying Lotus Presents "Brainfeeder" @eleven

先日発表された『Cosmogramma』があまりにも素晴らしい内容だったので、Flying Lotus目当てでelevenに遊びに行ってきた。The Gaslamp KillerやSamiyamも素敵だったけど、やっぱりFlying Lotusが最高だった。音と光とビートの洪水。立錐の余地もないくらいひ…

Inter vs. Bayern Munchen

世界で最も傲岸不遜で、野心的で、魅力的な監督ジョゼ・モウリーニョ。既に本人が今季限りでの退任を認めているという報道が流れている以上、これがインテルでのラストマッチになるのかもしれないが、その集大成と呼ぶにふさわしい、一種の完成されたチーム…

七尾旅人 / 検索少年

ダウンロード限定のシングル。TAVITO.NETから購入できる。七尾旅人は歌う。「遠くから君の歌声が聴こえる。ウェブを使ってどんなことだって検索できるけど、君のことだけはどんなに検索しても見つけられない」と。しかしこれは別に「ウェブだけではどうした…

2009年によく聴いたシングル

2010年になってからというもの毎月のように強烈な作品がリリースされるものだからそのたびにのけぞっているぼくですが、2009年にも良い音楽はいっぱいあって、それを「2009年によく聴いた音楽」というエントリで紹介していた。けれどそこではアルバムを中心…

そろそろラブプラスiについてひとこと言っておくか

つい先日リリースされたiPhoneアプリ『ラブプラスi』をさわってみた。いまの段階ではまだまだという部分が少なくないのだけれど、しかし、将来的にはおもしろいことが起こりうるのではないかとアプリをさわっていて感じた。このエントリではそれについてぼく…

2009年によく聴いた音楽

タイトルどおり、2009年によく聴いた音楽を振り返ってみる。なお、以下では太字の左側がミュージシャンで右がアルバムタイトルを、動画の下に記載しているのはアルバムに収録されているトラックのタイトルを表している。 The Horrors / Primary Colours The …

昨日の文学フリマを振り返って

既報のとおり、ぼくも参加したBWNでは、8p Orihon Maker - PDFで誰でもかんたんに折本が作れるウェブサービスで作成した折り本をブースに大量に並べ、頒布しました。BWNのメンバーやその知人に限らず、来場された方が持参された折り本もたくさんあったし、折…

明日の文フリの告知

明日の第9回文学フリマに参加するのでその告知です。 ロゴ制作:にちのさん(id:nitino) まずBWN。今回も総帥・眼鏡沢かけ彦(id:extramegane)のもと、文学フリマに参加します。具体的には、まさぴさん(id:masapguin)作成のウェブアプリケーション「8P折り本メ…

Michael Jackson / Thriller "8bit Tribute Mix" By Saitone

Saitoneによるチップチューン仕様の"Thriller"。むちゃくちゃかっこいい。

ラブプラス、アイドルマスター、ドリームクラブにおける携帯電話コミュニケーションの比較

以前、『ラブプラス』のコミュニケーションについて、現実の時間に対する「同期/非同期」という軸で検討を進めた。以下は参考までにそのエントリへのリンク。 ラブプラスにみるtwitter的な選択同期的コミュニケーション - hybrid issue(s) 今回は『アイドル…

UFFIE’s first album will be out early 2010

元Daft PunkのマネージャーにしてEd Bangar Records主宰のBusy Pのブログによると、Uffieの1stアルバムが2010年初頭に発表されるらしい。タイトルは『Sex Dreams and Denim Jeans』。Feadz、Mr. Oizo、SebastiAnといったいつもの面々に加えてMirwaisがトラッ…

ラブプラスにみるtwitter的な選択同期的コミュニケーション

ラブプラスをプレイしてみてなんとなく感じたことがあるのでそれについて書いてみようと思う。その前に、4Gamer.netにおけるTAITAI氏の考察を読んだので、その感想を先に記しておく。1.ラブプラスと初音ミクについて 常識的に寧々さんなのは間違いないけど,…

WIRE 09

Dusty KidのライヴセットからJoris VoornのDJという流れに惹かれて行ってきた今年のWIRE 09。 Disty Kid / Here Comes The Techno Dusty Kidの『A Raver's Diary』は今年かなり聴いている作品のひとつ。なので楽しみにしていたんだけれど、この日のセットは4…

Summer Sonic 09について

サマーソニック09に行ってきた。ずいぶん前から楽しみにしていて、期待どおり楽しむことができた。Aphex Twin(VJで家畜の屠殺風景を流していた)、Cansei de Ser SexyにKlaxons、The Horrors(フィードバックノイズで蕩けた)とかThe Qemistsなど、ふだんよく聴…

『アイドルマスターSP』に見る「関係の再構築」

Xbox360版『アイドルマスター』とPSP版『アイドルマスターSP』を比較してその物語の在り方について考えてみる。『アイドルマスターSP』はXbox360版『アイドルマスター』に比べて、かなり物語に寄り添った作品だ。それはまさに「ストーリープロデュース」とい…

初音ミクは出来ちゃった結婚の夢を見るか?

速水健朗氏の同人誌『Better Living Journal』に収録された『「テクノ歌謡の未来」〜初音ミクが出来ちゃった結婚を宣言する時代〜』を読んで思ったことを書いてみる。なお、以下で用いられるアイドルという単語はすべて女性アイドルを指すものとする。最初に…

ライトノベルのインターフェイスについての思いつき その4

久しぶりにライトノベルのインターフェイスについて少し書いてみる。ライトノベルは改行の頻度が高い。作品によっては1〜2文程度で改行を挟むことが多い。その改行頻度の高さによってひとつのパラグラフが非常にスリムなものとなる。そのため、文章をパッと…

みんなのビジョン観察日記

extrameganeさんが論理兵站 - ファック文芸部にて文芸創作のビジョンと題して近頃いろいろと書いている。ぼくはそのすべてを追いかけているわけではないのだけれど、twitterで次のように漏らした。 extrameganeさんのあれは、extrameganeさんにとっての UR …

The Horrors / Primary Colours

このクソ素晴らしいレコードが持つ素晴らしさを語るために、あえて多くの言葉を尽くす必要はない。Glasvegasの1stやYppahの2ndをはじめとして、いま、シーンではシューゲイザーというキーワードが何度目かの再浮上をしている。そしてThe Horrorsの『Primary …

QuickResponseスタッフロール

大切なことがあるので、少しだけ日曜日のことを振り返ってみたい。今回の文学フリマにおけるBWNの作品の発表形式は、バンドにとってのライヴに近いものがあったと思っている(詳細はextramegane編集長のエントリを参照のこと)。実際、あのときのぼくは自分が…

文学フリマの戦果報告

昨日のエントリでお知らせしたとおり、本日の文学フリマにてBWN(g.bwn)は『QuickResponse』を発表しました。同人誌を印刷して販売したわけではないので、「印刷したものがすべてはけた」とか「売上目標を達成できた」とか、そういう分かりやすい指標がまった…

明日の文学フリマの参加告知

明日、大田区産業プラザPiOにて開催される第8回文学フリマに、ふたたびextramegane編集長主宰のBWN(g:bwn)で参加します。発表されるコンテンツの名称は『QuickResponse』。ブースはE-12。既に編集長の宣言文を読まれた方はご存知のとおり、今回のBWNは本を売…

2008年によく聴いた音楽

いまさらだけれど、2008年によく聴いた音楽を簡単にコメントしながら並べてみる。 80Kidz autoKratz / Stay The Same (80kidz Remix) 2008年最もよく聴いたもののひとつは間違いなく80kidz関連の音源だ。夏にリリースされた『Life Begins At Eighty』は勿論…