comic

はっとりみつる / さんかれあ (2)

はっとりみつる / さんかれあ (1) - hybrid issue(s) つづき。ラブコメというジャンルでは、紆余曲折の果てに主人公とヒロインが結ばれることで物語がゴールを迎えるという展開がオーソドックスな形式だといえるかもしれない。その場合、「恋愛の進展を阻む…

はっとりみつる / さんかれあ (1)

大雑把なあらすじはこうだ。ゾンビ大好きな高校生・降谷千紘は、名門女子校に通う良家の子女・散華礼弥(さんか・れあ)と偶然出会い、彼女とともに死んだ生物を蘇らせる「秘薬」を生成する。しかし、父親の異常な束縛と偏愛に絶望した礼弥は、いまの生活から…

後退する直截的描写と前景化する絶望 - 『ブラッドハーレーの馬車』について

沙村広明による『ブラッドハーレーの馬車』を読んだ。印象的な物語だったのでその感想を書いてみたい。以下、ネタバレ。あとがきで著者は次のように記している。 というか実のところ、最初は「エロい漫画にしよう」と心掛けたつもりが途中からどんどんエロシ…

デウス・エクス・マキナとしての高野晶から考える『スクールランブル』

『スクールランブル』について少し思っていることがあるので書いてみる。いくらかネタバレしながら。この作品は「他者はあくまで他者であり、完全に分かり合うことはできない」ということをテーマとしているのではないかとぼくは思っている。それはこの作品…

高橋慶太郎著『ヨルムンガンド』

ヨルムンガンド 1 (サンデーGXコミックス)作者: 高橋慶太郎出版社/メーカー: 小学館発売日: 2006/11/17メディア: コミック購入: 7人 クリック: 134回この商品を含むブログ (175件) を見るこれに限らず、ぼくが最近読んだ物語は2つの感情や状況に板ばさみにな…

戦闘美少女は決断主義を殺すのか?(ディエンビエンフー雑感)

ディエンビエンフー 1 (IKKI COMICS)作者: 西島大介出版社/メーカー: 小学館発売日: 2007/08/30メディア: コミック購入: 3人 クリック: 64回この商品を含むブログ (112件) を見るディエンビエンフー 2 (IKKI COMICS)作者: 西島大介出版社/メーカー: 小学館発…